御祈願の御案内

  産宮神社は古くより安産・育児の神様として、市内はもとより遠方からも多くの方々にご参拝いただいております。特に安産祈願初宮詣七五三詣の方が多くお参りになられますが、ほかにも御社殿にて皆様の願い事の成就を祈り、様々な祈願祭を厳かに執り行っております。

社頭祈願の例
厄祓い子授け祈願交通安全(車祓い)・家内安全・商売繁盛・必勝祈願・社運隆昌
身体健康・心願成就・病気平癒・合格祈願・開運厄除・工事安全など

※ 社頭祈願のお申し込みは、出来るだけ事前に日時をご予約下さい。

安産祈願

  安産祈願とは、犬がお産が軽いことにあやかって、妊娠5ヶ月目に入った最初の「戌の日」に腹帯を締めて母子の健康を祈願されると良いとされてますが、必ずしも5ヶ月目でなくてはならないことはございません。体調の良い日や無理のない日を選びましょう。
  お参りの際、腹帯を用意されている方は持参してください。

※ 社頭祈願のお申し込みは、出来るだけ事前に日時をご予約下さい。

初宮詣

  お宮参りは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。
  昔は、氏神さまに参拝して新しい氏子(うじこ)として神さまの祝福をうける行事とお産の忌明けの儀式の意味合いもありましたが、現在では無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事となっております。
  お宮参りの日は、男の子が生後三十日目、女の子が生後三十三日目が一般的ですが、赤ちゃんと母親の健康を考えて、天候のよい日を選びましょう。

※ 社頭祈願のお申し込みは、出来るだけ事前に日時をご予約下さい。

厄祓い

  厄年を迎える方は、長い人生の中で運気が下がる年回りとなり、災難に遭ったり、病気になりやすい歳といわれ、注意が必要です。中でも男性四十二歳、女性三十三歳を「大厄」といい、前後の年を含めた三年間「厄祓い祈願」をお受けになることをお奨めいたします。

※ 社頭祈願のお申し込みは、出来るだけ事前に日時をご予約下さい。

七五三詣

  七五三は子供の成長を祝い、また願う儀式です。七五三のもとになる儀式は古くからあり、三歳の「髪置き〔かみおき〕の儀」、五歳の「袴着〔はかまぎ〕の儀」、七歳の「帯解き〔おびとき〕の儀」がそれにあたります。
  本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝う方も増えております。家族の都合のよい休日を候補にあげ、天気のよい日に行うのがよいでしょう。

※ 社頭祈願のお申し込みは、出来るだけ事前に日時をご予約下さい。

車祓い

  安全に運転ができることを願って、ご神前で車をお祓いします。
車のご購入時に限らず、毎年、無事故でつつがなく過ごせるよう、誕生日や運転免許証取得日などを、ご自身の「安全の日」と定めて、車のお祓い(交通安全祈願)をお受けになることをお奨めいたします。

※ 社頭祈願のお申し込みは、出来るだけ事前に日時をご予約下さい。